中性脂肪 減らすには

生活習慣病予防ニッスイイマーク

イマークSは、青魚などに含まれるEPAと、DHAという成分を、それぞれ豊富に含んでいます。

 

 

この、EPAとDHAは、ともに血中の中性脂肪濃度を下げるはたらきをもっています。

 

 

中性脂肪の値が高いと、さまざまな病気を引き起こすのですが、そのひとつに高脂血症があります。

 

 

高脂血症とは、血中に溶けている脂肪の値が、標準値よりも多い状態のこと。

 

 

この高脂血症の怖いところは自覚症状がないという点です。しかし、過度の飲酒や脂肪の摂りすぎなど、不適切な食習慣を続けていると、血中の資質の濃度はじょじょに高くなっていき、そのまま放置すれば、狭心症や心筋梗塞、また脳血管疾患なその深刻な生活習慣病になる危険があります。

 

 

そのようなことにならないためにも、早めの対策をしましょう。イマークSなら、血中の中性脂肪の値を、毎日飲むことで、効果的に減らしていくことができます。

 

 

また、合わせて食生活を改めることが大切。お酒の量を減らし、低脂肪の食事を心がけて、生活習慣病を予防しましょう。